2008年11月21日 (金)

最後だとわかっていたなら・・・

お久しぶりです。

お久しぶりの更新なのに、こんな悲しいことをお伝えするのは

どうか・・・と、迷ったのですが、とても、面と向かってご家族や

みんなには言えないので、ここで、こっそり、大好きな友人を

見送りたいと思います。

人生の1/3も終えないで、あきれるくらいに突然、あまりにも

駆け足で、・・・天国に行ってしまった、あわてんぼうのT君へ。

彼の周りには、いつも、仲間と笑顔とお酒とが溢れていて、

本当に、大きくって温かい人物でした。

いつも、みんなに愛されて・・・。

そんな愛すべきT君に、・・・お別れは言いません。

「・・・あなたと出会えて、本当によかった。

ありがとう。・・・また飲もうね!」

・・・そう言って、この詩を贈りたいと思います。

『Tomorrow Never Comes』

by Norma Cornett Marek

If I knew it would be the last time

that I'd see you fall asleep,

I would tuck you in more tightly,

and pray the Lord your soul to keep.

If I kenw it would be the last time

that I'd see you walk out the door,

I would give you a hug and kiss,

and call you back for just one more.

If I kenw it would be the last time

I'd hear your voice lifted up in praise,

I would tape each word and action,

and play them back throughout my days.

If I kenw it would be tha last time,

I would spare an extra minute or two,

To stop and say "I love you,"

instead of assuming you know I do.

So just in case tommorrow never comes,

and today is all I get,

I'd like to say how much I love you,

and I hope we never will forget.

Tomorrow is not promised to anyone,

young or old alike,

And today may be the last chance

you get to hold your loved one tight.

So if you're waiting for tomorrow,

why not do it today?

For if tomorrow never comes,

you'll surely regret the day,

That you didn't take that extra time for a smile,

a hug, or a kiss,

And you were too busy to grant sometime,

what turned out to be their one last wish.

So hold your loved ones close today

and whisper in their ear,

That you love them very much,

and you'll always hold them dear.

Take time to say I'm sorry, Please forgive me,...

thank you or it's okay.

And if tomorrow never comes,

you'll have no regrets about today.

「最後だとわかっていたなら」

作・ノーマ・コーネット・マレック/訳・佐川 睦

あなたが眠りにつくのを見るのが

最後だとわかっていたら

わたしは もっとちゃんとカバーをかけて

神様にその魂を守ってくださるように

祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが

最後だとわかっていたら

わたしは あなたを抱きしめて キスをして

そしてまたもういちど呼び寄せて

抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが

最後だとわかっていたら

わたしは その一部始終をビデオにとって

毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても

わかってくれていたかもしれないけれど

最後だとわかっていたら

一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と

わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる

でももしそれがわたしの勘違いで

今日で全てが終わるのだとしたら、

わたしは 今日

どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも

明日は誰にも約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめられるのは

今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら

今日でもいいはず

もし明日が来ないとしたら

あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための

ほんのちょっとの時間を

どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に

その人の最後の願いとなってしまったことを

どうして してあげられなかったのかと

だから 今日

あなたの大切な人たちを

しっかりと抱きしめよう

そして その人を愛していること

いつでも

いつまでも

大切な存在だということを

そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や

「ありがとう」や「気にしないで」を

伝える時を持とう

そうすれば もし明日が来ないとしても

あなたは今日を後悔しないだろうから

< 情報源:Heart Whispers From Norma Marek

「Tomorrow Never Comes.mp3」をダウンロード

Songs : 

Fumitaka Anzai 「Forest in the Morning」

Susan Bailey 「Amazing Grace」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

運命の人?!

先日、名刺を整理していると、一枚のアラビア語の書かれた

名刺が出てきました。

よく分からないし、捨てちゃおうかな・・・と思ったその時、去年

のちょうど今頃、タイに行った時の出来事を思い出しました。

毎日、ショッピング、お食事、マッサージに・・・エステ三昧の

日々を過ごしていたのですが、ある夜行ったマッサージの

お店に、アラブ風の男性二人が、並んでマッサージを受けて

いました。

「どこから来たの」から始まって、1時間半の間、楽しく色々と

おしゃべりをしていたのですが、よく聞くと、彼らは兄弟で、

ドバイから来たビジネスマンだそうです。

「この後、一緒にディナーでもどう?」という彼らのお誘いを

丁重にお断りして、笑顔でお別れをしました。

そして、帰国の日、バンコクの空港でチョコレートを見ている

と・・・、随分遠くから私の名前を呼ぶ声がします。

びっくりして振り返ると、真っ白なアラブの民族衣装「ソーブ」

身にまとった男性二人が、手を振っているのです。

アラブの人に知り合いなんて・・・と思って困惑していると、

そう・・・、あのマッサージの時の、お隣さんだったのです!!

「わぁ、すごい偶然!!・・・民族衣装を着ると、ステキですね」

などと話していると、「一緒にランチでもどう?」とのこと。

これも出発まで時間が無いので、お断りすると、

「じゃぁ、ぜひドバイに遊びに来てよ!・・・その時こそ、ぜひ

ご馳走させて欲しいな!」と言って、この名刺を渡されたの

でした。

ヨーロッパを周遊して帰国すると言っていた彼らと、同じ日・

時間・場所で、また、偶然出会う確立って・・・すごいと思い

ませんか?

・・・もしかしたら、運命の出会いだったのかも!?!

・・・あの時、・・・もしも・・・ご飯をご馳走になっていたら・・・。

今頃・・・もしかしたら、石油王の第3婦人位になっていた・・・

・・・かも?!

・・・どなたか、アラビア語が読める方は、いらっしゃいません

でしょうか?

「soul_mate.mp3」をダウンロード

Song : Evanora 「Love U Radio Edit」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

替え玉作戦

先日、古くからの友人とお食事をしていて、ほとんど忘れかけて

いた、「替え玉事件」のことを思い出しました。

・・・それは、私が中学生の頃のお話です。

夏休みの宿題で、横着をしようと思いついた私は、まじめな親友

M子に、宿題のトレードをもちかけました。

英語の得意なM子に英語の宿題を任せ、その代わりに、国語・

作文の得意な私が読書感想文を引き受ける、という交換条件

でした。(良い子のみんなはマネしないでね!)

それが、後でちょっと大きなことになっちゃって、直接怒られる

ことは無かったのですが、結局、自責の念にかられることに

なりました。

普通に悪いことをして怒られた思い出なんて、覚えてもいない

のに、先生をごまかした時のことは、今でも心にほろ苦い思いと

共に残っているんです。

先生と同時に、自分自身にも嘘をついてるっていう、後ろめたさが

あったんでしょうね、きっと。

今、・・・この場をお借りして、当時の先生にお詫びします。

あの時は、本当にごめんなさい。

・・・でも、・・・もう時効ですよね?!

「bitter_memory.mp3」をダウンロード

Song : Emme Packer 「The Key」 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

思い出のあの人…

本当にあった、ちょっとビックリするお話です。

実は最近、「別れた恋人の名前をインターネットで検索してみたら

ヒットしたので、連絡をとってみると、それが本当にその時の彼で、

それがきっかけで・・・結婚しました!」という記事を読みました。

そこで、連絡先が分からなくなってしまった古い友人の名前を

幾つか入力してみると・・・ある人物が、実際にヒットしました!!

某国立大学の博士課程に在籍・・・とのこと。 ・・・でも・・・今さら

・・・とも思ったのですが、この大学がたまたま私の祖父の出身校

ということもあり、急に親近感がわいたので、思い切って連絡を

してみました。

カナダで出会い、日本にいる時には会えなくて、今またヨーロッパ

にいるカナダ人の彼と、何と・・・8年振りに連絡が取れたのです。

何となく嬉しくなった反面、空白の8年で、私はちゃんとステキな

女性になっているだろうか・・・と、ちょっと考え込んでしまいました。

それでも思い切って連絡をしてみて、懐かしい思いに、一気に

8年間の空白が埋まってゆくようでした。

久しぶりに出会う人にとっての私が、前より人間的に魅力的に

なってるといいな…と改めて思いました。

あなたも早速、「思い出のあの人」、探してみてはいかがですか?

<情報源:NTT西日本コミュニケーション大賞:第3回受賞作品>

「Old_Friend.mp3」をダウンロード

Song : Amy Abdou 「Real Love」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

興奮してきちゃった?!(特別編)

以前、オチャメなドイツ人・アズーとのエピソードをお話しましたが、

私は、彼女から知らないうちに「イケナイ・ドイツ語」を習っていま

した。 

彼女のお陰で、私の唯一知っているドイツ語の単語が『○○○』

と『○×○×』だなんて、とても誰にも言えません!!

・・・ところで、先日、親友のカナダ人・ポールと話していると、

「E☆Gから教えてもらった日本語、使ったのはいいけど、お陰で

大変だったんだから!」と言うので、よく聞いてみると、彼が唯一

話せる日本語は、挨拶でも何でもなくて、

「もっと・・・近くにおいでよ・・・」と「恥ずかしがらないで」

・・・そして・・・「興奮してきちゃった」でした。

イケナイ先生は・・・アズーだけじゃなかったようです!!

「Getting_Excited.mp3」をダウンロード

Song : Joan Stevenson 「This Way Forever」

今回の番組をお聞きになった皆さん、「あれっ、どうしちゃったの?

急激にハイレベルになってるけど???」とお思いでしょう!

そうなんです!! 

実は、今回特別に、構成・編集をPodcaster@Yoshiakiさんが

ご協力下さいました!! 

Yoshiakiさん&Wakakoさんの、楽しい番組も是非お聞き下さい!

YoshiakiとWakakoの気ままな遠足 ~お菓子は300円まで~

ステキな編集とアレンジ、本当にありがとうございました!!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月30日 (水)

小悪魔☆

フランス人のお友達・ミシェルは、とっても美人で魅力的な女性

です。 でも、彼女の9歳になる姪っこのマリーもまた、子供とは

思えない魅力とオーラの持ち主なんです!!

「ねぇ、E☆Gって絵とか得意でしょう?・・・ちょっと見たいなぁ・・・

アジアンテイストな作品」・・・とか言って、さりげなくハグしながら、

アートの課題を、私におねだりしたりするのです。

甘え上手で、放っておけない感は、・・・9歳にして、私も見習わ

なければ・・・と思うほどです。

金髪にグリーンの瞳の、お人形のような彼女に、潤んだ瞳で

お願いされて、断る男性なんて・・・いないでしょう、きっと!!

マリー先生って・・・呼んでもいいですか?

「Kitty.mp3」をダウンロード 

Song : Kristin Hild 「Open Eyes」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

最終試合

今はちょうど、夏の高校野球のシーズンですが、今日はE☆Gの

ちょっと切ない、最終試合にまつわるお話です。

私が大学生の時、お付き合いしていたT君は、大学ラグビーの

花形プレイヤーでした。

ユースの代表選手として海外遠征に行ったりもしていましたが、

4年生に入って足を痛め、ベンチを温めることが増えていました。

そして結局、学生最後の試合も彼はレギュラー出場できません

でした。

「・・・今まで・・・お疲れさま!」と言って、花束を差し出し、一緒に

写真を撮ろうと言う私に、T君は、

「・・・ごめん・・・キレイなユニフォームの写真はカンベンして・・・」

と寂しそうにうつむきました。

今まで、『写真なんていつでも撮れる』と言うT君の言葉もあって、

ユニフォーム姿の彼との写真が無かった私は、今でもこのことを

後悔しています。

・・・あなたとのユニフォーム姿の2ショット写真は無いけれど、

あの頃ステキだったあなたの姿とプレイは、ちゃんと今でも

ココロに残っているからね、T君!!

「Last_Game.mp3」をダウンロード

Song : Lisa Bell 「It's All About Love」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

ウルトラの母?!

私が中学生の時のおはなし(実話)です。

親友に、「太郎くんのことが好きなんだけど・・・何とか会える

ようにセッティングして欲しい」と頼まれた私は、太郎くんの

お家へ電話をしました。

地元でも有名なお医者さま一族の御曹司・太郎くんに、勇気

を振り絞って電話をしましたが、

「どちらの・・・お嬢様かしら・・・?!」という、彼のお母様の

冷たい感じに圧倒されて、・・・つい・・・口走った言葉・・・

それは・・・

「・・・ウルトラの母です!!」・・・でした!!

「Ultramans_Mother.mp3」をダウンロード

Song : Jamie Leonhart 「Sheltering Sky」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月10日 (月)

イケナイ言葉

クルクル動く大きな瞳が印象的な、ドイツ人のお友達・アズー

とのエピソードをご紹介します。

とってもキュートで、オチャメなアズーと、私は、カナダのとある

大学の寮で、お隣同士のお部屋でした。

彼女とのトンデモ・エピソードは、また今後もご紹介しますが、

今日は、まず、初級編から。

「ドイツ人とお友達になれる、簡単で効果的な言葉を

教えて!!」と言う私に、彼女がある「ことば」を教えて

くれました。

次の日、早速ドイツ人の男の子に使ってみると、いきなり

ウインク付で、

「OK!!・・・今夜は寝かさないよ!!」との答え。

「えぇっ!!・・・ちょ・・・ちょっと待って!!!

・・・わたし・・・今・・・何て言ったの?!?」

「Want_To_Ask_Out.mp3」をダウンロード

Song : Olivia Greer 「Leave the Water」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

ファスナー…下ろしてくれる?

突然ですが、男性の方に質問です。 

あなたのお母様から「ファスナー、下ろしてくれる?」と言わ

れたら、どうしますか?

家族ぐるみでお付き合いのあるフランス人、ジョシーと、彼女

のステキな息子フランソワとのやり取りを見た私は、今までに

無いカルチャーショックを受けました。

遅くまでワイン片手におしゃべりを楽しんでいた私とジョシーの

ところに、ゴキゲンなフランソワが帰って来ました。

「・・・じゃ、あとはフランソワにバトンタッチして・・・私はベッド

でお先に休むわ・・・」と言うと、ジョシーは飲みかけのワインを

フランソワに手渡しました。

すると、フランソワは素早くジョシーの後ろに回って、彼女の

背中のファスナーを下ろしてあげて、ネックレスを外し、そっと

彼女の首筋にキスをしたのです。

そのあまりにも自然で、ステキな光景に見とれていると、

「これがウチの習慣なのよ!」・・・と彼女。

私も、いつか男の子のママになって、・・・そしていつまでも

堂々とママの首筋にキスできるような、そんなステキな

男の子を育てたい!!と、強く思うのでした。

「French_Kiss.mp3」をダウンロード

Song : Robin Stine 「Singing to Me」 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Amazing | Family | Friends | Happy | Love | Nature | Ooops! | Peace | Work | Wow!