2008年5月30日 (金)

最後の講義 そして・・・

今日は、どうしてもおすすめしたいビデオをご紹介します。

それは、アメリカ、カーネギー・メロン大学の教授、ランディ・

パウシュ氏(46)の、講義です。

2007年9月18日、同大学で行われたこの講義は、会場で

ある講堂を埋め尽くした観客のみならず、今や、世界中

の人を感動の渦に巻き込んでいます。

「子供の頃の夢を本当に実現させるために」というタイトル

で、一時間余りに渡って、ユーモアを交えながら、いかに

キャリアを磨き、パーソナルゴールに到達するか・・・が、

実に分かりやすく語られています。

・・・ただし、この講義の最初に、彼は、これを「ラスト・レク

チャー」と言っています。・・・というのも、彼は末期のがん

患者で、余命数ヶ月・・・と医師から告知されているからです。

「ラスト・レクチャー」の内容に付いては、あえて何も言うことは

ないと思います。日本語字幕が付いているので、どうぞYouTube

からご確認下さい。(1~9まであるので、ご注意下さい!!)

そこで、私は、つい先日、2008年5月18日、そのカーネギー・

メロン大学の2008年度卒業式典にて、サプライズゲストとして

登場し、卒業生に向けて語った、彼のスピーチをご紹介したい

と思います。

「余命3~6ヶ月と言われた時から、既に9ヶ月が過ぎようとして

いる今、ある人は『死神に打ち勝ったのですね!』と言います。

・・・けれども、ただ長く生きるだけでは、死神に打ち勝ったとは

言えません。

大切なのは、その長さではなく、いかに生きたか・・・、あなたの

その人生の内容なのです。」

人生を豊かなものとし、よりよく生きるために・・・、そして・・・、

いつの日か誰もが必ず迎える、その時が訪れた時に・・・、胸を

張って、『よく生きた!』と言えるためのアドバイスを、ランディは

語っています。

死を覚悟した彼の、その素晴らしい生き様を、ぜひみなさんも

私と一緒に見守ってゆきましょう。

< 情報源:Carnegie Mellon University >

「Last_Lecture.mp3」をダウンロード

Song : Jody Gnant 「Great Day」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最後の講義 そして・・・

今日は、どうしてもおすすめしたいビデオをご紹介します。

それは、アメリカ、カーネギー・メロン大学の教授、ランディ・

パウシュ氏(46)の、講義です。

2007年9月18日、同大学で行われたこの講義は、会場で

ある講堂を埋め尽くした観客のみならず、今や、世界中

の人を感動の渦に巻き込んでいます。

「子供の頃の夢を本当に実現させるために」というタイトル

で、一時間余りに渡って、ユーモアを交えながら、いかに

キャリアを磨き、パーソナルゴールに到達するか・・・が、

実に分かりやすく語られています。

・・・ただし、この講義の最初に、彼は、これを「ラスト・レク

チャー」と言っています。・・・というのも、彼は末期のがん

患者で、余命数ヶ月・・・と医師から告知されているからです。

「ラスト・レクチャー」の内容に付いては、あえて何も言うことは

ないと思います。日本語字幕が付いているので、どうぞYouTube

からご確認下さい。(1~9まであるので、ご注意下さい!!)

そこで、私は、つい先日、2008年5月18日、そのカーネギー・

メロン大学の2008年度卒業式典にて、サプライズゲストとして

登場し、卒業生に向けて語った、彼のスピーチをご紹介したい

と思います。

「余命3~6ヶ月と言われた時から、既に9ヶ月が過ぎようとして

いる今、ある人は『死神に打ち勝ったのですね!』と言います。

・・・けれども、ただ長く生きるだけでは、死神に打ち勝ったとは

言えません。

大切なのは、その長さではなく、いかに生きたか・・・、あなたの

その人生の内容なのです。」

人生を豊かなものとし、よりよく生きるために・・・、そして・・・、

いつの日か誰もが必ず迎える、その時が訪れた時に・・・、胸を

張って、『よく生きた!』と言えるためのアドバイスを、ランディは

語っています。

死を覚悟した彼の、その素晴らしい生き様を、ぜひみなさんも

私と一緒に見守ってゆきましょう。

< 情報源:Carnegie Mellon University >

「Last_Lecture.mp3」をダウンロード

Song : Jody Gnant 「Great Day」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

メイク☆ラブな日?!

今、ロシアでは、低い出生率と非常に高い死亡率のために、

1990年代前半以降、人口減少が問題になっているそうです。

そこで、プーチン大統領は、国家の最も危惧すべき問題として、

出産援助金を出すなどして、出生率をあげるために尽力して

きました。

そこで、Ulyanovskという地域では、この国家のキャンペーンを

さらにパワーアップさせた、驚きの出生率アップ大作戦を展開

しています。

それは、9月12日を「子作りの日」とし、そのために仕事を半休

にすることを認めさせたそうです!!そして、ちょうど9ヵ月後の

6月12日に生まれた赤ちゃんの両親には、「愛国者を生んだ

カップル」として、様々な商品(お金、車、冷蔵庫、など)が当たる

そうです!!

そして、今年で3年目になる、このスペシャルキャンペーン?!

・・・成果は上々で、2006年の9月12日は、めでたく78人の

赤ちゃんが生まれたそうです!(その地域の一日平均の3倍!)

日本でも、少子化が問題になっています。

このロシアの一地域の成功例を受けて、この流れが日本、

そして世界へと広がって、・・・やがて・・・

「9月12日はメイク☆ラブの日」・・・なんてことに、なるかも

しれませんね?!

(注意:妊娠周期の数え方は、欧米やその他海外と日本

とでは違うので、「9ヶ月」となっています)

<情報源:USA TODAY.com>

「making_love_day.mp3」をダウンロード

Song : Laura Hughes 「Full Of Grace」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

その気にさせる音楽?!

ドイツ人科学者が、実験によって『その気にさせる』ロマンティックな

音楽を聴くことで結果に結びつく・・・ということを実証したそうです。

・・・ただし・・・

これは、サメのお話ですが・・・。

アクアリウムのサメの出産率がよくないことから、様々なことを試し

た末に、この「ロマンティック音楽作戦」を実行し、効果を得ました。

スポークスマンいわく、「既に、パンダや霊長類で試されて結果を

出しているのに、サメにも試す価値はあるでしょう?」

とのこと。

ちなみに、サメに人気のトップ5ソングリストは以下の通りです。

1. Salt'n Pepa - Push it

2. Joe Cocker - You can leave your hat on

3. James Last - Traumschiff (The Love Boatのドイツ語版)

4. Justin Timberlake - Rock your body

5. Bob Marley - No woman, no cry

・・・人間には・・・どうなんでしょうね?!

< 情報源:Ananova >

「sharks_in_the_mood_for_love.mp3」をダウンロード 

Song : Eileen Meyer 「Pieces Of Me」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

子豚ちゃんの命の恩犬?!

前回、番組一周年記念の特別企画のお知らせをしましたが、

みなさんからの心温まるメッセージ、ありがとうございました!!

引き続き6月末まで募集をしていますので、どうぞお気軽に

お名前(HN、PN)と、メッセージをコメント欄にお残しください!!

さて今日は、ルーマニアから、ちょっとステキなワンコのお話です。

農業従事者のバシーレ・ボーザさんによると、彼は2匹の子豚を、

生まれてすぐに死んでしまったと思い、捨ててしまったそうです。

けれどもしばらくたって、小さな2匹の子豚が、飼い犬の犬小屋で

うろちょろしているのを見つけて、びっくりします。

彼の飼い犬・ローラが、この2匹の豚にまだ息があることに気付き、

食べ物を与え、世話をしていた・・・というのです!!

ローラは、見かけはちょっぴり強面だけれど、とっても賢くて、

ステキなお母さんワンコです!!

ワンコが救った、小さな命の小さなメッセージが、世界中に

届くことを心から願ってやみません。

<情報源:Adfero Ltd> 

「dog_saving_piglets.mp3」をダウンロード

Song : Stacie Rose 「Back to Life」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

Happy Valentine's Day!!!

バレンタインデーとは、日本では、女性が男性にチョコを贈って、

愛を確かめ合う日のようですが、本来はそうではありません。

3世紀にローマで殉教した、聖バレンティーノ(英語名バレンタイン)

の命日と言われています。

欧米でも、もちろん「愛の誓いの日」ではありますが、同時に、

「大切な人への感謝の気持ちを伝える日」でもあります。

そこで、『Rapture ~らぷちゃあ~』をお聞き下さっている皆さんへ

感謝の気持ちを込めて、バレンタインスペシャル企画として、

ちょっとステキな、バレンタイン・ストーリーをお送りしたいと思い

ます。

今日、チョコをたくさんもらった人も、残念ながらもらえなかった人

も、・・・そしてもちろん女性のみなさんも、「大切な誰か」を思い

浮かべて聞いてください。

・・・もちろんあなたも、きっと誰かの「大切な誰か」なのですから。

<情報源:MSNBC>

「happy_valentine.mp3」をダウンロード

Song : Jessica King 「One Wish」 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

ミルクでデート?!

田舎の農業従事者の嫁不足は、どうやら日本だけの問題では

ないようです。

北ウェールズで、酪農業を営む独身の男女が、忙しくて、出会い

のチャンスが無いことから、ある画期的?!な方法を思いつき

ました。

有機ミルクを生産しているウェールズの酪農協同組合は、デート

相手を募集中の独身男女の写真を、牛乳の紙パックに貼りつけ

ました!!

このアイディアを思いついたイアン・ジョーンズさん(30)いわく、

「ウェールズの田舎は、本当に美しい風景で、住むのには最高の

場所だけれど、デート相手を探すのには、ちょっと大変なところ

かもね!」

このアイディア、是非日本でも採用して、ミルクでデートを実現し、

酪農家ブームがくるといいな・・・と密かに期待しています!!

<情報源:Daily Post>

「date_with_your_milk.mp3」をダウンロード

Song : Kathy Reynolds 「Slo Motion」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

空飛ぶキューピッド

飛行機の中で隣同士になって、会話が弾んで意気投合した、

マイケルとジュリエット。

でも、マイケルはあまりにもシャイだったので、彼女の連絡先を

尋ねることができませんでした。

それでも、・・・どうしても諦めきれないマイケルは、航空会社

「Flybe」に頼み込んで、ジュリエットの連絡先を聞きだしました。

この会社のカスタマーサービスの責任者・エラは後にこう言って

います。

「マイケルのストーリーにすごく感激したので、我々はキューピッド

役を引き受けました!」

現在、マンチェスターでマイケルと暮らしていて、今月中に結婚を

控えているジュリエットいわく、

「全ての女性が、おとぎ話みたいなロマンスを夢見ているわ。

でも、・・・これ以上のストーリーは無いでしょう?!」とのこと。

どうかお二人とも、末永くお幸せに!!

<情報源:News 24>

「Love_Is_In_The_Air.mp3」をダウンロード

Song : Miss Desmond 「New Eyes」 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 8日 (日)

ロマンティックなプロポーズ<第2弾>

ロマンティックなプロポーズのお話、第2弾です!!

セルビア人男性のウャディン・ストーヴィックさんは、彼女の

イヴァナ・ノバコビッチさんへのプロポーズのために、12台の

タクシーを雇いました。

このタクシーを使った、あっと驚く、ロマンティックなプロポーズは

もちろん大成功!!

イヴァナは号泣しながら「イエス!」と答えたそうです。

本当に、映画のワンシーンのようですが、どんなプロポーズでも

女性にとっては特別だし、この時ばかりは、全員ヒロインに

なっちゃうんですよねぇ!!

<情報源:Ananova>

「Taxi_Propose.mp3」をダウンロード

Song : Kelly Goodlad 「Love Song」 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 8日 (金)

成功する?!出会い

イギリスの調査機関(Saga)によると、

「50歳以上の人のうち、75,000人が、ランニング・マシンの上で、

ロマンスを見つけた!!」

とのことです。

イギリスでは、50歳以上の3人に1人が週に4時間以上運動を

していて、ジムのランニング・マシンで運動中に、デートにお誘い

をしている、のだそうです!!

・・・さぁみなさん、ぜひジムに通って・・・そして、ランニングマシン

に乗って・・・愛を見つけましょう!!

<情報源:Adfero>

「Love_At_The_Gym.mp3」をダウンロード

Song : Sophia Ramos 「The One」 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

Amazing | Family | Friends | Happy | Love | Nature | Ooops! | Peace | Work | Wow!