2008年4月30日 (水)

プロ意識

今日は、私がお世話になっている、スタイリストさんのお話です。

先日、いつもの美容院で、いつもお願いしているE☆G担当の

スタイリストさん、Kさんに髪をセットして頂きました。

この彼は、結構若いのにも関わらず、技術力はもちろん、

話術も巧みで楽しませてくれますし、そして何よりも、その

『髪&美』に対する姿勢や想いが、とってもスバラシイのです。

おそらく皆さんも、美容師さんが朝早くから夜遅くまで、本当に

ハードワークをこなされていることは、ご存知かと思います。

彼ら・彼女らの働きぶりを見る度に、「私もガンバロウ」って

いつも思うのですが、Kさんのすごい所は、その「仕事に対す

る姿勢」、「プロ意識」にあります。

後で、他のスタッフから聞いたのですが、実は、その日は

Kさんにとって、一週間にたった一度のお休みの日でした。

それにも関わらず、馴染み客である私のために、貴重なOFF

を押して、喜んで出勤して来てくれた、というのです。

「休みって言っても、一日中ハサミ触って、スタイルのこと考え

てるから!!・・・いやぁ・・・E☆Gさんが指名してくれたら、

ゼッタイ来ますよ!!もう、喜んで!!」

と、K君。 

そのプロ意識、仕事に対する姿勢、本当にステキだと思い

ました。

そして、ゼッタイこの人は、近いうちにお店を一軒任される人

になるだろうな~・・・と確信しました。

「お花の中で、何が好き?」と聞いた私に、

「花なんて、全然分からないですよぉ~」と言うKさん。

「じゃぁ、お店持てた時には、ピンクの蘭を送るね!」と、私。

「そんなこと言ってくれるの、E☆Gさんだけですよ!・・・もう

オレ、マジ、休み全部返上しますよ!!」と、照れ笑いをして

いたけれど、ゼッタイその日はそんな遠くない気がします。

髪を整えてもらっただけでなく、彼の前向きな姿に、気持ち

までリフレッシュできた気がしました。

美容院激戦区の中の、有名美容院で働く、まだ若いK君から、

「プロ意識」について教えてもらった気がします。

「Professional_.mp3」をダウンロード

Song : Kellie Coffey 「I Would Die For That」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月31日 (水)

モノを作るということ

某世界最大PCメーカーのパソコンを、今から7ヶ月ほど前に

購入しました。 最新&最強スペックのモデルです。

そして、先日、そのPCが何の前ブレも無く、フリーズしてしまい

ました。 

そして・・・結局、そのままHDDの交換が必要とのこと・・・。

PC購入以来、CD/DVD-RWドライブ、HDD、そして、今回・・・、

・・・と、ナント・・・実に3回目です!!!

「お客様は、3年間の保守サービス契約を結ばれていて、その

保証期間中ですので、問題なく、部品の新品交換対応させて

頂きます」

・・・って、・・・ちょっと待って!!!

無くしたデータとか、ソフトの再インストールの手間とか考え

たら・・・問題だらけなんですけど・・・!!!

・・・そして・・・、まさに、アメリカ的な考え方だなぁ・・・と、つくづく

考えさせられました。

昔から日本では、熟練した職人さんたちが、多くの時間と労力

とをかけて世の中に送りだしたモノたちには、ゼッタイの自信を

持っていて、買う側にとってみても、そこにはゼッタイの信頼感

がありました。

そして、そういった職人さんたちのモノに対する想いとか、姿勢

とか・・・そういったものが、『Made in Japan』の成功を支えて

きたのだと思います。

ドイツの会社で働く私は、わが社の方針も、多くの西欧の会社

のように、このアメリカ的な経営戦略に乗り換えようとしつつある

・・・ということに、強い抵抗と危機感とをおぼえています。

『Made in Germany』という響きの重みも、その背後で支えてきた

マイスターたちの存在があってこそ。その確かな技術力と信頼

とが、ブランドネームを守ってきたはずなのに・・・。

『3年保証、5年保証』は当たり前、コスト削減のために、中国など

レーバーコストの安いところで大量生産をし、薄利多売で、品質

に問題があれば交換すればいい、という考え方。

「交換」ということで、果たして本等の意味での「品質保証」が

できるのでしょうか?

本来、モノ作りにこだわった人たちと、そんな彼らの製品を愛した

人たちの間で、交わされた「品質保証」とは、そんな薄っぺらな

意味ではないと思うのです。

モノ作りに対するひたむきな姿勢を、間接的にも感じることが

できるからこそ、私たちは自然とモノを大切にする気持ちが身に

ついていたような気がします・・・。

いつのまに私たちは、こんなにも簡単に『使い捨て』ができるよう

になってしまったんだろう。

・・・そんなことを考えながら、無くしてしまったMP3ファイルのこと

を思って、・・・またちょっとブルーになってしまいました。

・・・すみませんが、そういう理由で、またしばらく配信ができない

ことをお許し下さい。

来年は、必ずもっと「モノ作り」にこだわったメーカーのPCで、

番組配信しよう・・・と、強く心に決めたE☆Gでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

社内W杯バトル

実は、私、ドイツの会社で働いています。

本社はドイツとスイスにあるのですが、世界各国に工場・支社

が点在しています。

中でも、ヨーロッパには、メジャーな工場・支社が沢山あって、

イタリアには第二の生産拠点が、またフランス・UKにも重要な

販売拠点があります。

・・・ということで、ここのところ、本社に連絡する時は、

「もう決まったようなものよね!」と言い、イタリアに連絡する

時は、「イタリアの優勝で決まりね!」、そしてもちろんフランス

の顧客には、「このまま勢いに乗っていくんじゃない!」・・・と

言っています。

・・・でも本音を言うと、個人的にはトッティ様が好きだし、

イタリア系のお友達が多いし、イタリア大好きなので、

私のボス(ドイツ人)や本社のみんなには悪いけど、

やっぱり明日は、イタリアを応援します!!

Viva Italia!!!

「Viva_Italia.mp3」をダウンロード

Song : Melissa Forbes 「Broken Wings - For Chet」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Amazing | Family | Friends | Happy | Love | Nature | Ooops! | Peace | Work | Wow!